病院、医院、クリニックの待合室で患者さんがご覧になる院内デジタルサイネージコンテンツを制作致します。

病院の外来の長い待ち時間を有意義な時間に変えるために、私たちがご提案するのは「デジタルサイネージ(モニター)を使った疾患説明(ムンテラ)コンテンツ」です。院内の待合室でよく見られるテレビモニターに、病院紹介や、その病院で実践されている検査方法や治療方針を動画やスライドで放映することで、患者さんの病気に対して関心を持っていただけますし、知識も豊かになります。
我々は院内デジタルサイネージにて放映する疾患説明(ムンテラ)、病院紹介のコンテンツの作成を行います。
30年間培った医療(メディカル)分野の知識と、患者さんの近い目線を持つ私たちだからこそ、患者さんにわかりやすく伝えられる動画の制作を致します。

コンテンツの特徴

院内デジタルサイネージは様々な年齢の方がご覧になられますので、コンテンツはできるだけ、簡単に、親しみやすく、専門用語をなるべく 無くして作成致します。しかし、疾患状態、治療方法はリアルに表現します。内容を理解し、安心して治療を受けていただくために、イラストやアニメーションを用いて、わかりやすく疾患説明(ムンテラ)を行ってまいります。

親しみやすさ(イラストやアニメーション、少ない専門用語) + リアルな疾患状態、治療方法 = わかりやすい疾患説明(ムンテラ) → 患者さんへの安心感

撮影した素材を用いて、ケースレポートなど他媒体の作成も承りますのでご相談ください。

制作フロー例

  • 院内サイネージ オリエンテーション
    • 診療科、作成したい疾病
    • スケジュール
    • 上映場所 等のご確認
  • 院内サイネージ コンテの作成と確認
    • 画面の流れ、ナレーションの流れ等のご確認
  • 院内サイネージ 素材の作成、撮影
    • アニメーションのためのイラストの作成
    • 診察、手術中の撮影
    • 病院全体の撮影
  • 院内サイネージ 編集(オーサリング)
    • 動画、アニメーションの編集
  • 院内サイネージ 試写
    • 映像全体の校正
  • 院内サイネージ ナレーション収録
    • ナレーターの手配
    • ナレーション収録
  • 院内サイネージ MA・SEの挿入
    • 効果音、BGM の入れ込み
  • 院内サイネージ 最終試写
    • 映像全体の最終的な校正
  • 院内サイネージ 納品

病院様院内デジタルサイネージ動画事例

海老名_待合イメージ

院内サイネージ 病院 待合

病院、医院、クリニックの待合室に院内デジタルサイネージを設置し、疾患説明や治療説明(ムンテラ)を放映しています。

画面イメージ

院内サイネージ 病院 事例 不整脈

アニメーションで視覚的に表現することで、患者さんにとって分かりやすく、関心を持っていただけることを目指しました。