MHCV TOPページ > 自社開発メニュー / HCリンク

これまでの病診連携システムは、大規模なシステムであるため、導入まで長時間かかったり、
費用面で大きな負担がかかるものが多く見られました。
そのため私達は、タブレットや通信回線など、最低限の設備で導入可能であるシステムを目指しました。

HCリンク

かかりつけ医から総合病院へ、患者様を紹介する際に利用して頂くシステムです。
紹介したい患者さんの情報をタブレットを使って入力し、データ通信を行って総合病院と共有します。総合病院では、送られてきた情報を元に、受け入れを行います。
また、タブレットには、情報配信の仕組みを実装しております。
配信できる情報は、患者様向けのムンテラ資料・総合病院紹介のコンテンツ、かかりつけ医用のメーカーからの情報や総合病院からのお知らせです。
HCリンク(下図参照)は、総合病院、かかりつけ医、患者様それぞれにメリットのあるシステムを目指しました。

HCリンクイメージ

HCリンクの全体像

HCリンクの全体像

直感的なインターフェースの実装

PCに不慣れな方でも簡単に入力を行えるインターフェースを目指しました。
タップによる選択や写真撮影、手書きでの入力が可能ですので、タッチ型デバイスに初めて触れる方でも入力を行えるインターフェースとなっております。

タップによる選択での入力

▲タップによる選択での入力

写真撮影・手書き入力

▲写真撮影・手書き入力

短時間・低価格導入の実現

本システムは、電子カルテとの連動を行いません。
これにより、どのような病院様にも導入していただけるシステムを実現しました。
機材や環境も最小限の設備で導入可能です。

総合病院の必要環境

▲総合病院の必要環境

かかりつけ医の必要環境

▲かかりつけ医の必要環境

患者説明用コンテンツの配信

患者様の理解、医師と患者様のコミュニケーションを高め、スムーズな医療の提供を行う効果が期待されます。
また、タブレットを患者様に渡し、待ち時間を利用して見ておいてもらう事で、診療時間の短縮にもつながります。

患者様説明資料(ムンテラ)

▲患者様説明資料

総合病院紹介

▲総合病院紹介

かかりつけ医向け情報の配信

かかりつけ医に向けて、総合病院からは病院のお知らせを、メーカーからは様々な情報を配信する事ができます。
紹介以外に、かかりつけ医にシステムを閲覧するきっかけとなり、継続使用を促せます。

お知らせ画面

▲お知らせ画面

メーカーからの情報画面

▲メーカーからの情報画面

資料配信で期待される効果

資料配信で期待される効果イメージ

患者様の理解度アップ

医師のコミュニケーション力のみに頼っていた患者説明資料をグラフィカルな資料でわかりやすく説明できるようにし、患者様の理解度をアップさせます。

医師の診療時間短縮

患者様にデバイスを渡し、待ち時間を利用して資料を閲覧しておいてもらうことで、病態・手技などの説明時間を短縮します。

スムーズな病診連携

同一資料を使って説明を行うことで、地域内での患者説明資料を平準化でき、同様の説明を複数回行う手間を省き、スムーズな連携を実現します。

カスタマイズと配信用資料作成について

使用される地域、病院様にあわせてシステムのカスタマイズを承っております。
インターフェースの変更や、共有する患者様情報の入力項目変更などにも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。
また、配信する資料の作成も承っております。原稿からの作成も可能ですので、お問い合わせください。

ムンテラ(インフォームド・コンセント)制作についてはコチラ

カスタマイズと配信用資料作成について