MHCV TOPページコンテンツ制作 > 映像、動画、アニメーション

医療分野において、映像は様々なシーンで必要です。3D映像から実写撮影映像まで、
目的に沿った映像を制作・提案します。
弊社に撮影スタッフ(カメラマン、音声スタッフ)や収録スタジオはありません。
案件毎に映像ディレクターとビジュアルディレクターが最適な外部スタッフとチームを組んで進行します。

作用機序映像

3D・2Dを使用した、細胞レベルでの疾患説明、作用機序説明映像を制作します。ストーリー構成から編集まで、一式お任せください。
今まで、30種類以上の疾患、100本以上の映像制作の実績があります。

作用機序映像イメージ

患者向けの疾患・治療方法説明映像

患者さんへ疾患・治療方法の説明を行うための映像を制作します。
正しく理解していただくことが大切なため、最後まで興味を持って見てもらえるよう工夫します。

ムンテラ(インフォームド・コンセント)映像イメージ

医師インタビュー映像

学会やホテル、院内やスタジオで医師にインタビューを行い、演出・撮影・編集します。医師の自然な表情を引き出し、硬くなり過ぎない映像を撮影するための雰囲気づくりが重要です。

Dr. インタビュー映像イメージ

手術手技映像

手術手技、術式映像を撮影・編集します。手術室では豊富な実績を持つ撮影ディレクターの指揮の元、必要最低限の先鋭部隊が撮影を行います。映像を編集する際には、2Dのイラストで映像内容を補足します。

手技映像イメージ

院内デジタルサイネージ映像

患者様向け、啓発用、イベント告知など多様な映像を制作します。サイネージで流れるすべての映像を俯瞰的に捉えた全体施策提案も行います。
※サイネージの本体販売、レンタルは弊社のパートナー企業を紹介します。

院内デジタルサイネージ映像イメージ

病院紹介映像

地域住民向けや、地域クリニック向け、採用活動用の映像を制作します。ブリーフィングいただいた後に、ストーリーをご提案します。病院の外観撮影から、救急対応の様子・各領域の医師インタビューなど、撮影映像を中心に構成します。

病院紹介映像イメージ

MR 教育用映像

学習目的の映像は、ケーススタディから一問一答形式まで様々な種類がありますが、共通してMR さんのモチベーションを保つことが大切です。容易なことではありませんが、日々進化する新しい技術も駆使して、閲覧向上・理解度向上をめざします。

MR 教育用映像イメージ

レイ・クリエーションの強み

自社内にカメラマンやスタジオを持たないからこそ、制作する映像に合わせて、
カメラマン・撮影スタジオ・収録スタジオのスタッフィングが可能です。
一方で、3Dや2Dなどのビジュアル表現部分は社内完結させることが多いです。
監修の医師の意向に合わせて柔軟に変更対応することが必要なため、社内での体制を整えています。